• いざという時に必要となる身元保証

    • AさんがAさんであるという保証が身元保証です。

      身元保証の最新情報を掲載しています。

      という認識が強いかもしれません。

      そのAさんがAさんという証明をするというだけではありません。


      この勘違いをしたままで、身元保証人になってしまうと、余計なトラブルを抱え込んでしまうことになります。



      これは、ただ保証するだけではなく、その人が出してしまった損害を代わりに支払う責任を負うということでもあります。
      つまり、入院の際に知り合いの身元保証人になったとします。
      その人物とは、長年の付き合いで信頼できる相手だったとします。


      頼まれたから、それを承諾するのは当然だと考えても、相手が同じ気持ちでいるとは限りません。
      入院費や治療費を支払わずに行方をくらましてしまいました。
      すると、その責務負うのは、身元保証人を引き受けた人になります。

      自分には、関係ないといっても、法的に認められることはなく、支払う責務だけと裏切られたという事実が残ってしまいます。



      借金の保証人と同じで、こういったものを引き受けてくれるのは、家族以外にはいなくなってしまう理由がここにあります。それによって、起きる問題は家族がいない人には、そういった責務を背負ってくれる人が見つからないことです。


      これが必要となってくるのは、医療の現場だけではありません。
      仕事に就く際に必要な職種もあり、賃貸物件を契約する際にも求められることがあります。
      普通に生活するのだけでも、多くの場面で求められて、やってくれる人を探さなくてはいけません。

  • 身元保証の大人の常識

  • 身元保証が気になる方

  • 身元保証のみんなの常識・身元保証の耳より情報

    • 身元保証の責任範囲とは

      労働契約を締結するときに、雇用主から身元保証人を立てることを求められますので、親戚の人や友人知人などが身元保証人になってもらうのが一般的となっています。そして引き受け手はどこまで責任があるかはそれほど深刻に考えないで記名調印しますが、一応その範囲はどこまでかを確認しておくのが良いということになります。...

    • 身元保証についての解説

      身元保証とは通常、雇用契約に付随して行われるものです。これから働こうとしている方の身分が何らかの理由で明白で無い場合に雇い主が被用者のために行う契約であり、受けるかもしれない損害を雇用契約の当事者以外の方が担保する契約です。...